スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てやんでぇっ べらんめぇぇ

観てきました、【真夜中の弥次さん喜多さん】
実は、あんま期待してなかった。原作が好きな作品が映画化やアニメ化されるときは覚悟して観ないといかんからねぇ。
でも、おもしろくできあがっていたので、ほっとした。ヤクの禁断症状での幻想場面がどんどん出てきて、幻想と現実の境目がわかんなくなるっていう演出は、すなおに楽しめたし。冒頭の喜多さんのセリフ「ぜんぜんリアルじゃねえ」ってので、これはそういう話ですよ、と明示してあるしね。

ところで、この映画で一番笑うべきポイントはおぎやはぎの登場場面ってことでいいんだろうか?
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://taigo.blog1.fc2.com/tb.php/62-38dad51e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。