スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都サンガ戦

4-1 広島ビックアーチ

09シーズンの最終戦。今期は残念ながら天皇杯を敗退しているので本当にこれが最後の試合。

スタメンは今期を象徴するかのようにストヤノフ、森脇、青山、ミキッチを欠くという苦しい陣容。ケガ人がほんと多かった…
しかし、試合内容はすばらしいの一言。残留を決めた京都のやる気の無さもあったのだろうけど、レギュラーが欠けたメンツで広島らしいアイデアあふれるサッカーを披露。1点差に追いつかれてディエゴがかなり下がり目でパスを出すようになったりと大阪戦がちらりとよぎった時間帯もあったけど終始広島ペースでやれた。いやー、おもしろかった。

そしてこの試合を最後に広島を去る選手も。
寿人がゴール後にキャプテンマークを掲げて走ってくるからなんだろうと思ったら今期で退団する選手たちの背番号が。あぁこのメンバーでやる広島のサッカーは今日が最後なんだなとしみじみと感じた。
J1復帰年としては最高順位である4位と躍進!さらに天皇杯の結果次第ではACLの出場権も手に!という本来なら狂喜乱舞してもおかしくない勝利なのだけど、どことなく寂しさがあるのはそのせいなんだろう。
もっとこのチームを見ていたかった。

さて。天皇杯で鹿島川崎大阪が勝利すればACLに本当に出られることになってしまってビックリしてる。本谷社長が3年以内にタイトル・ACL出場をという目標を掲げていたが、お題目としては正しいが現実は残留争いを抜けられるかどうかだろうなぁと内心思っていたからだ。
正直なところACLに出ていいんだろうかと不安もあったり。07シーズンにおいて強化部長があの時点ではナビスコカップ本戦をも戦うチーム力がなかったと反省の弁を吐いた事もあるが、ACLとなればナビスコの比ではない。今年良かったからといって来年も良いとは限らないのは今年の大分を見れば嫌というほど実感できる。もしACLを闘うことになれば、それは本当の意味でチーム力を問われるシーズンになるんだろう。今は不安7割期待3割といったところ。 ただ、サンフレッチェがエレベーターチームではなくJ1の上位に居続けるチームになるためには、チームの予算規模を拡大していかなければいけない。そのためには結果を出してスポンサーと客を呼び込むしかないだろうし、ACLでの活躍というのは一番の近道だ。どっちにしろ避けて通れない道なのだ。
もちろん拡大路線というのは、下手をすれば大分の二の舞という危険性はある。あるけども金が無くて泣く泣く選手を手放すなんて事を避けるためには、これしかないと思う。

こうやってグダグダと悩む事も今シーズンのすばらしい戦いがあったからだよなあ。本当にチームには感謝。そして来期のために、まずはシーズンチケットを購入するとするか
http://item.rakuten.co.jp/e-vpoint/c/0000000168/

寿人先制弾

盛田広島初得点

盛田祝福

柏木ドリブル

退団する選手の背番号が

裏には10と…

寿人シュート

キャプテン男泣き

久保

今期最後の

ありがとう李

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。