スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライラの冒険

ふらふらとシネコンに立ち寄るとやっていたので、そのまま入場。
あんま好みの映画じゃなさそうだな、と思いつつ鑑賞。事前知識を仕入れることなく観たので話の筋はわかったけど細部の設定はよくわからんかった。まあ、そこはわからなくてもいいのだろう。
ファンタジーにしては上映時間がそんなに長くないなと思っていたら、長い原作を圧縮しました感がいっぱい。原作読んでいないから私の勘違いかもしれないけどね。

おおむね満足。パンフは買わなかったけど。
一番心躍ったのは当然クマの背に乗って表現を地平線まで走り続ける画ですよ。それとクマ同士の闘いね。とりあえずクマです、クマ。この映画はクマを見る映画です。

クマ良いよクマ。というクマ好きな人はぜひ見にいってください。それ以外の人でもまあまあ楽しめるとは思いますが、どうしてもはしょる部分がありますので、ファンタジーの文脈を丁寧に説明されなくても解るというファンタジー要素をお持ちの方以外は原作を読むなり情報を仕入れてから見るのが良いかと思います。私は原作読む気はないけど。

アメリカンギャングスター

ゴッドファーザーなのかなと思っていたら、どっちかっていうとアンタッチャブルだった。おもろかったですよ。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。