スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨娘

巨娘 1 (1) (アフタヌーンKC)巨娘 1 (1) (アフタヌーンKC)
(2007/12/21)
木村 紺

商品詳細を見る

本屋で見かけ即購入。唯一定期購読しているマンガ雑誌がアフタヌーンなのであるが(でかいので立ち読みするのがめんどい)その中でもかなり楽しみにしている連載作品である。隔月連載なのがほんと悔しいぐらい。

著者の前作『神戸在住』も悪くなかった(というよりかなり良作)のだが、いかんせん自分には叙情的すぎた。ああいう作品読むと生まれてすいませんと謝ってしまいます。

その点巨娘はコメディータッチなので私にも安心して読めます。これぐらい肩の力が抜けているぐらいがいいよな。でも作品のスローな流れは前作と変わらずなので、前作ファンも読んで問題ないです。

作品は、焼鳥屋店長にて身長181cmの巨娘ジョーさんを中心に話が進んでいきます。生ビールの配送が遅れれれば本部から生樽担いで店まで歩いていきますし、50kg超える荷物も片手でひょいです。ええなあ、オレも180cm欲しかった。
自分の店焼鳥屋鳥吉はジョーさんをはじめ女性のみ。ハードな居酒屋家業なのに大変と思いますが、ジョーさんはもちろん配下(配下?)もパワフルなので問題ありません。
1の子分トオルさんは司法試験合格というすばらしい頭の構造を持ちながら中身は完全に吉外というお人です。得物は厚口の中華包丁とトイレのキュッポンです。得物?
2の子分ポン子さんは、トオルさんの紹介で働き始めた下働き担当の人です。ちなみに紹介の仕方は、てんで使えないバカなので、根性たたき直してやってくれよ、です。トオルさんひどいですね。本名は幕の内ポン子。そういうキャラです。
3の子分はサチさん。鳥吉の良心担当です。サチさんもトオルさんの紹介で働き始めた人です。そつない働きぶりでジョーさんに認められ一週間でホール責任者に。ちなみに先に入ったポン子はまだ見習い扱いでした。サチさんのお話である第六話は、前作ファンには一番好かれるんじゃないでしょうか。

この作品良いところは、出てくる人物にダメ人間が多いということでしょうか。ジョーさんの前カレとか、3号店の金具志さんやその3号店の常連さんとか。木村紺の作風で書かれるダメ人間は、どこか憎めないのですね。彼らがほのぼのとした空気を生み出している。読んでて一番笑えます。

ぜひ売れて欲しい一冊です。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。