スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の悩みはつきないもので

仕送り無しで自活している大学生です。昼は学校に通い、夕方と土日はバイトに費やされます。自分が他人に較べて頑張っているなどとは思わないのですが、仕送りを貰って充足した生活を送っている学生に対しては多分、僻みや嫉妬のようなものを抱いていて、それは明らかに僕が誤っているように思います。つまり、自分を苦労人と思い込んで優越感に浸ることなく、尚且つ劣等感に苛まれることもないように、生活する方法があるのなら教えて下さい。

私は大学時代、バイトをほとんどせず親からの仕送りを主な収入として過ごしていました。 同期の人間にも仕送りなし、自分で生活費授業料を払っている人がいて、今時分この大学にそんな学生いるんだとたじろいで見てました。
親のお金でお気楽極楽な学生生活送っている自分を思い、彼に負い目というか、劣等感を感じていたんでしょうね。三流文系大学の気楽さで自分の好きなことばっかやって、まあ卒業後は地場企業に、なんて脳天気な毎日を送っていた私にしたら、あいた時間はバイトで稼ぎ、眠気を惜しんで講義に来る彼を見るだけで心苦しくなるものでした。
別に大学なのだから自分の好きなことをしてりゃいいはずだよなー、と自分に言い聞かせるものの、心は晴れません。もちろん、彼は苦学生オーラなんて出しておらず(学費うんぬんの話も他の人から聞いた)ごく普通に振る舞っているのですが。心苦しく思ってしまう私が誤っているのでしょう。
どうにか、お気楽に仕送り生活している自分を正当化しようと大学四年間頭を悩ましていたのですが、結局のところ、まあ人は人、オレはオレだし、などというどうでもいいところで折り合いをつけるくらいしか思いつきませんでした。

ま、たいしたことを思いつかなかったのは、もとが脳天気な頭をしているので、メシ食って寝ればたいていの不安を忘れてしまう当方の性格によるのでしょうが。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://taigo.blog1.fc2.com/tb.php/225-bfa4a11e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。