スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画力のある人が、成功する。

幸せな映画の見方

ロッキーやエントラップメントなどをもとに、中谷語りが綴られる一冊。
紹介している映画の半分も見たことないのだが、それでも楽しめるのは中谷彰宏の本の特徴。
映画というのは、見るのにわりと気合いがいる<当方の場合
2時間映画を見る以外何もできない場所にいるわけだ。これがテレビだったら本読みながらながら聞きで済ますという手もある。(つまんなかったら寝ればいいんだけどね)
だから、映画の本筋とは関係ないけど自分にプラスになりそうなことを抽出する見方というのは、参考になる。映画ファンなら、マニア知識でもって、どんな映画でも楽しめるかもしれないが、こちとら映画の歴史とかマニア知識はこれっぽっちもない。それでも映画を見続けようと思ったときには、映画と見ている自分をむりやりでも結びつける見方ってのもありだとおぼえておこう。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。