スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急に叫びたくなってどこかへ走りだしたくなること

暑かった。ここ数日暑かった。
扇風機が弱、もしくはいらなくても過ごせる状態なんで、エントリー書いてます、こんばんわ。
暑すぎて本読むスピードもがたおちだったし。

前に年寄り年寄りっていっぱい書いたんですが、当方は歳をとることは嫌いではありません。
むしろ好き。

自分が社会のパーツであることに安堵感を覚えられるし、答えがわかんなくても、まいっか、と思ってそのままにできるし、昔のアホさ加減と比べると歳をとるってのはすげえな、と思う。<当方がアホすぎたというのがあるかもしれませんが。

当方ガキのころはなんの力もなく、なんの責任もない子どもであることがイヤでイヤで、はやく大人になりたいと願っていた。だったら働いて金稼げばいいのに、そんなかんたんな決断をすることもできないオレはなんて子どもだとループしてさらに自己嫌悪に陥ったり。大人になりたい、大人になればって思ってた。ガキだなぁ。

子供が
子供なのは
大人が何でも
わかってるって
思ってるところだ

ていう花本先生(ハチクロ)の言葉はまっこと真理じゃと自分が歳をかさねて実感できる。あぁ、でもガキだった自分にこのことを教えてあげてもそういう状態があるってことを知ることはできても、わかる悟るまではむりだろうなぁ。だってガキだから。

それはそうと、ハチクロの自分探しの旅をやっても容易には答えを出させないってのは物語に対しての真摯さを感じさせられて、そこらへんがハチクロの好きなところなんですが、どうでもいいですね、ごめんなさい。

大学時代の末期に友人連の飲みの席で将来の夢を語り合って、そこでなるたけ早く隠居して本だけ読んでくらしたいって真顔で言って周囲を引かした犯歴を持っている当方が、歳をとるってすばらしいって叫んでも説得力がまったくないわけですが、よく自分の一番楽しかったのは高校時代だとか中学が一番楽しかったって言うじゃないですか。
でも当方にとっては今なんですよね。
きっと今、ただ今が一番楽しい。

昔より確実にかしこくなってて、それでいて自分のギアをトップに入れないでも周囲に遅れずに生きていける。
今どん底だなとか、生まれてきてごめんなさいとか、意味もなく一人叫びだしたくなったとしても、ま、なんとかなるっしょ、って将来にいろんなものを先送りにできる心。
歳をとるってすばらしい。

つまりなにが言いたいかというと、寄る年波には勝てず、暑さで当方すっかりまいってしまいましたというお話。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TrackBack URL for this entry : http://taigo.blog1.fc2.com/tb.php/119-45c84217

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。