スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフレッチェ広島、2007年

VS京都サンガFC

今年からサッカー観戦を趣味に加え、思ったよりおもしろかったことから12試合も観戦した。うーん市民球場へ行った回数より断然多い。私は本来カープファンなのだが。
そんな私を楽しませてくれたチームの最後だろうと思い、ビックアーチに足を運んだ。

予想されたことだが京都は守ってきた。猛攻を見せたというが、相手が守っていれば当然攻撃の時間は多くなる。問題はどれだけ決定的なチャンスを作れたかだ。残念ながらゴール前で前を向いてプレーを出来た回数は多くなかった。
チャンスがなかったわけではない。だがシュートは京都の必死のディフェンスに阻まれ、それでも放ったシュートはバーに当たった。完敗だった。第一戦のホームで勝利をもぎとり、引き分け以上という条件を見事にクリアした。チームとしての意志が京都の方が勝っていたといたことだろう。

それにつけても残念だ。このチームでの来年がないことを。今年はもう一番上は望めそうにないけど、この若い選手が多いチームの来年は楽しみだなと思っていたからだ。そんなことを考えていたときには、まさか入れ替え戦を闘うことになるとは思ってもみなかったけれども。柏木、槙野等の若い選手がさらなる成長をすればおもしろいチームになるんじゃないか、危なっかしげな試合をするチームを観ながらそう感じていたのだ。だが、その期待の選手がこの入れ替え戦に放った渾身のシュートはバーに阻まれた。不運だったというのではなく、これが彼らの現時点での実力なのだろう。

未熟さは、将来への期待に変えることができる。だがそれもチームが存続してこその話だ。東京戦での立て続けでの失点。千葉戦ロスタイムで2点差を追いつかれる。一番負けてはならない相手に簡単に負ける。将来への期待のツケは大きかった。
J2落ちとなれば選手の流出は避けられないだろう。一年間自分を楽しませてくれたチームがもう見られないと思うと、これほど切ないことはない。

寒い中多くの人がビックアーチで声援を送った。J2からの再出発となるが、新たな魅力あるチームを作りあげて、今一度J1の舞台で闘ってほしい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。