スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマー

ロボットが街中で暴れて大惨事なバカ映画じゃないか電波を受信したので行ってきた。
その通りだったのでだいたい満足。たまたまやっていたのが吹き替え版だったのだけど、これは吹き替えで見るべきだよ。できたらオプティマス・プライムじゃなくてコンボイって言ってくれたらもっと良かったのに。

だいたい満足したんだけど、ちくちくと気になったところが。子どもにも見せるためだけど、残酷描写が弱い。せっかくあんな恐ろしげなメカが街中で暴れているんだから、もうちっと……。あとストーリーにビタイチ期待なんぞしていないけど、わざわざ戦場を街中に選ぶ軍人って。街中でロボットを暴れさせたいという欲望は当然で、それがなけりゃこの映画成立しないのだけど、もうちっといい理由思いつかなかったのか。さすがに椅子からずり落ちそうになった。
実際の戦闘の場面は良かったけど。アメリカ空軍前面協賛ということで、ラプターまで出てたよ。そうそう軍隊が地球防衛隊じゃなくて実際の軍隊(しかも最新の)として活動してて、それも良かったな。

結論としては、日本向けにリメイクすればいいと思う。夏休みでガキが多かったけど、みんなナルトかレミー見てたので日本じゃトランスフォーマーは子どもに見せる必要はないんだよ!もっと血を!日本でも最近はむりか。

スポンサーサイト

夕凪の街 桜の国

今度は映画。 原作と映画は別物と考えるのが精神衛生上よろし、と思ってて原作のイメージが壊れたと非難している人を見ると、まあ世の中いろいろありますがな、まあええやんとなだめてしまうのですが(なだめません)、本作は原作が良すぎるので、なかなかその戒めを守るのが難しかったな。

やはり、原作のコミカルな部分はかなり削られて泣き映画になっていた。あの原作の雰囲気で原水禁とかのチラシが舞い原爆スラムが存在する風景がいいんだけどな。
あと、お金がないのでCGとかムリというのはわかるのだけど、原爆の状況を当時の映像や子どもの絵で表すのはどうかなあ。自主制作映画じゃないのだから。しょうがないのかも知れないけど気になった。

良かったのは麻生久美子の演技でぐいぐい引き込まれた。hon.ninのインタビューで自ら夕凪の街 桜の国で役者として何かをつかめたように語っていたとうりすばらしかった。儚さを具現したような演技でした。

原作ファンと泣き映画嫌いってのがあるので気になる点がどうしても多くなってしまうけど、たぶんいい映画なのだと思う。思うというのは、私は広島の人間なので、原爆というと特別の思い入れがあるわけで。そこらへん冷静に見られないのですよ。途中かなりぐっときたし。広島の人間ならぜひに見る映画と勧められるんだけど、そうじゃない人にはどうなんだろう。自分が普段歩いている風景が映画の中に現れるってのは、楽しいのでよけい広島人むけ。

名古屋グランパス戦

もうグダグダ。見事にヨンセンの頭で決められた瞬間からイヤな感じでしたが、まさかここまでとは。コーナーキックから1点返し同点で前半を折り返したまでは良かったのですが。相手にPKを与えてしまうともはや打つ手なし。しまいにゃ杉本のスピードで突破されだめ押し。

見ててフラストレーションがたまる試合だった。
ところで、PKはどういう状況だったのだろう。ゴールから遠い席にいたのでよくわからなかった。あれさえなければ、と思ってしまうのはしょうがないよなあ。
グランパス戦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。