スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NOVA

NOVA一部業務停止 経営に打撃必至

今回は予約が確実に取れると謳っていたのに実際取れていなかったというので処分を受けたのだけど、大本はこれだと思う。

解約金返還訴訟、NOVAの敗訴確定

NOVAはひとつの講義をチケット単位で購入するというシステムらしいのだけど、一度の大量に購入すると安くなるのね。で、途中で解約しようとすると割引した単価ではなくて、割引前の単価で計算し直して返金するらしい。当然、帰ってくる金は微々たるものになります。友人が嘆いてました。
公的機関にも相談に行ったのだけど、NOVAは絶対に返金に応じなかったらしい。苦情は友人以外からもかなりあったらしい。
で、中に裁判をやった人がいて、ついには最高裁で勝訴。
経産省も重い腰をあげて、まあ最高裁で負けんたんじゃけ、あきらめえや。ということで灸を据えたということなのかな。

自己破産や個人再生の状況についてもだけど、強引な商売ってのはかなり難しくなっているのだなと思う。訪問販売による悪質な商法も、販売業者はすぐ逃げるんで最近は提携しているクレジットカード会社を攻めるらしい。クレジット会社なら、夜逃げするってわけにもいかないから。
数年前まで、アメリカに比べて消費者保護がなっていない、って声をよく聞いたのだけど、確実に消費者は強くなっている。

スポンサーサイト

いや、私は優秀な書き手ではないんですけど

ただ、いろんな人の話を知りたいという一読者です。

「多少のコストを覚悟」させたら優秀な書き手は逃げてしまう

いいこと言うな。
先日書いた廣瀬選手の件とは考えているレベルは違うような気がしますが、共感できる。

例えば、自分の専門領域の話をネットで書きたい、と思うことはあるのですがいまいち気が乗らない。わりとまじめな話になるからかな。ライターとか匿名で文章を書くことが当たり前の人なら気にならないのでしょうが。自分の専門領域の話を匿名で書く気にならないのはどうしてなんだろう。
なんとなく無責任なような気がするからか。自分がやっている仕事と自己とのキモイ同一視なのか。

意見を発するとか、そんな仰々しいもんじゃなくてこんな職業の人がこの事件をどう見るのだろうか、なんて感じの軽い情報発信ができる場の形成があればな、と思うのですよ。
そりゃあ、既に発信している人はいるんでしょうけど。うーん、自分の感覚になってしまうのですけど、私は現在の状況では発信する気になれない。だからどうでもいい日記を書いているわけですが。

どうしようもないんだろうな、とは思うのです。たいていの人は悪意には勝てないのですから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。