スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島の書店

Hiroshima Concierge(book編)
広島書店(勝手に)ランキング
広島市の古書店

ふと広島の街にどれだけ本屋があるのか気になった。
今ではさすがに少なくなったが、広島市で暮らしていた学生時代は、日がな一日本屋通いだった。本通りにいけばフタバ図書から丸善、金正堂、広文館、アカデミィ書店、紀伊国屋と方々をまわった。(ブックオフ大手町店ができたのは学生時代の終盤だった)
んで、なかなか本屋レビューというのは少ない。特に広島の本屋特集なんてものは。
興味有って好きな人はいることはいると思うのだけど。

ランキング一位の丸善はすでになく、いまや紀伊国屋とジュンク堂の一騎打ちといったところか。ただ、地元の雄フタバ図書もジュンク堂を研究してフタバ図書TERAを繰り出してきているし、まだまだ混沌といったところかな。
当方の一押し書店は広文館金座街店。
数年前かどれくらいかは忘れたが、リニューアルしてからはぐっと雰囲気が良くなった。一回の雑誌コーナーをのぞけば客の数も最適で、じっくり本を選べる余裕がある。あぁ、本屋にきていると感じることができて良。(ジュンク堂も好きではあるが、駅前なので行くのが面倒という難点が。あぁ、そんなことではいかんと思っているのだけど)

あと番外として、本通り西方にとらのあな、アニメイト、メロンブックスが進出したのが学生時代とは大きく違うところか。できたときはホントびっくりした。地方都市でもこういう商売が成り立つのかってね。
普通の本屋では手に入りにくいマイナーなマンガを手に入れるには便利。GUNSLINGER GIRL 5巻を買ったのはアニメイト。


古本屋の方は大きく変わった。やはりブックオフショックだな。
広島初の直営店ってのは大きかったと思う。
まあ、欲しい本なんてブックオフにはないんだけど。(あっ、橋本治の本を集めるには役に立った。それと立ち読みもたくさん。あぁ、ありがとうブックオフさん)

明輝堂は撤退し(同人専門の2号店は存在する)、万部書店はつぶれてゲーム屋のレプトンになってしまった。(いや、レプトン良く使うんだけどね)
その点を考えると、ブックオフは強いなぁ、と思う。ただ単に古本屋が商売として成り立ちにくくなっているだけかもしれんが。

古本屋はめっきり行かなくなってしまった。やはり時間がないとダメだな。
唯一行くのはアカデミィ書店ぐらいか。ここは老舗らしく品揃えが良い。ただ、閉店時間になると問答無用でシャッターを半分閉めるのはいかがなものか。もう閉店ですよ、と一声かけてくれたら、出ていくんですけど。
当方の巨体を半分以上しまっているシャッターから出すのってすごくつらかったんですけど(泣)
スポンサーサイト

感謝感激雨霰

あー、どうしよう

逃げてもいいですか。
逃げてもいいですかっ。
ホント人前で話すの苦手なんだよなぁ。特に結婚式のスピーチなんてっ

あぁ、中学時代の友人の頼みだから断れなかったけど、ホントにダメなんだってば。今からでも佐○木に交代ってありですか。もうムリですか。明日だもんね。そりゃそうだ。逃げてもいいですか?
この一週間そればっかり気になって、何も手もつかず。おかげで仕事はミスり、本来なら明日だって仕事したいんだよっ、ってのは逆ギレです。責任転嫁でございます。
あぁ、仕事で話すのなら何ともないんだけど。プライベートでしかもフォーマルな場でマジメな話ってのが一番できない。あぁ、お子さまな私。
とにかくマジメな話ってのができない体質なんだよ、きっと。だから逃げてもいいですか?

あぁ

怠け者の悲哀

昔はマジメに書評を書かなきゃなと思ってた。
でも今はあきらめてしまった。
ちゃんと内容紹介して、その本のポイントに自分の意見つきで触れてなおかつ批判点を付け加えるのが書評。ってな感じだと書評なんて書けないんだよね。
知り合いの書痴のように、読んだ本の内容がきっちし頭に入っていて、即座に本の要約ができるというのならともかく、当方、いいかげんですから。

amazonというあらすじ・概要を紹介してくれて、ちゃんとしたレビュアーの評が載っているWebにリンクを張れば、あらすじ紹介しなくていーじゃん→ちゃんとした評は他にあるんだから好きなこと書いてしまえ。という思考方法にはちょっとというかかなりの飛躍があると自分でも認めざるをえないのだが、今はそれでやっている。
本の感想を書くってのは結構体力が必要で、しかも好きな本ほど書くのがむずかしい。やっぱり、その本を読んで感動したところがあれば、それをちゃんと形にしないと納得できない。で、うんうんと悩む。夜は更ける。あきらめて寝る。次の日も悩む。夜は更ける。結局あきらめる。
んで、そんなことやっていたら肝心の読書時間さえも削ってしまうわけだ。別に書評書くために本読んでるわけじゃないしなぁ、っていうのは自分内常識担当人のツッコミ。
だから、今は本の感想というよりか、その本を読んで妄想したことをスタート点にして読書メモを考えることが多い。自分の中ではつながっているのだが、他人にはまったくわからんよな、っていうのをどうつなげるかっていう思考方法が自分には性に合ってる、ような気がする。
ただかなりの遠回りの思考方法だし、いきおいだけの産物ではあるし、もっと効率のいい方法があればそっちに乗り換える予定。でもあんま効率が良すぎる方法だと、書く意味を見失ってしまうかもしれんけど、ってのはどうでもいい話で。
だがら、かなりの誤字脱字があるってのは自分でも気づいているのだけど、めんどくさいから直していないのはすいません。だって、そこ直すのならもっと手を加える場所があるだろって自分内ツッコミが入るからね。自分の納得のいくものを基準点にしてると絶対更新なんてできない。ってのは、いいかげんな奴のいいわけでしかないけれど。

つまり何を言いたかったかというと、徳保さんお褒めにあずかり光栄ですってことです。あぁ、恥ずかしい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。