スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くじびきアンバランス

くじびきアンバランス
横手美智子とゆかいな仲間たち
メディアファクトリー 2004-12


by G-Tools


げんしけんというマンガの作品内作品である【くじびきアンバランス】のノベライズ化である。
げんしけんは、木尾士目作品ということでもあり、最初から読んでいたがまさかこんなにHITする作品になるとは思わなかった。だって、木尾士目作品がアニメ化だよ。初期連載のころを考えると、かなりの違和感がある。
さらに著者が横手美智子である点も購入した大きな動機。おそらく作者が横手さんでなければ、購入しなかったと思われる。
で、内容の方は、原作?(アニメげんしけんで、特典としてくじびきアンバランスもアニメ化された。たしかふつうに2クール設定で、その中から何話かピックアップしてのアニメ化とのこと。アニメ未見のため確認しておらず)に忠実で、ほんとーのアニメ作品としたら、こういう流れでストーリーが進んだんですよ、ということがわかるストーリー展開(言ってること意味不明)になっている。
そう。そのことは読み始めて、すぐわかったのだが。(ノベライズのオリジナルストーリーとか、ダイジェストじゃなく、ということ)
ただ、同時に思った疑問。。。 それってこの文庫一冊に収まるのかぁ?
その疑問は、本を読み終えたときに、見事に氷解した。見事にだ。
最後には、こう綴られていた。。。


つづく、と。


続編も出すのね。。。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。